サイトマップ

岐阜県羽島市 鍼灸整体で骨盤、背骨のゆがみの治療

岐阜市、羽島市、大垣市、一宮市、木曽川町、柳津、笠松、安八、瑞穂市、の方の骨盤矯正、背骨強制におすすめします。

骨盤のゆがみはご自宅でも簡単に整えられます。

意外に知らない人がいますが、すごく簡単です。
口では説明できませんが実演でなら伝えられます。
最近だとネットの動画でもあります。動画以上に適した伝達方法はないので
、こちらに譲ります。特別な話しではありません。

背骨のゆがみ

背骨はすぐにゆがみます。何故なら、脊椎を左右の筋肉が動かすからです。
つまり、筋肉が左右均等でないと少しずれます。整ってないより、整っていた方がよい状態です。当たり前ですね。

でも、大事なのは、「持ち」です。整えてもすぐに元のズレが生じるようでは、意味がありません。
これを解決する方法は二つあります。

  • 持続力のある治療をする。
  • 治療回数を増やす。

の二つです。

治療回数は、ある程度元気な人で、目的が健康維持なら月1,2回で十分持ちます。

回復力がかなり悪い、早く治したい主訴がある人は必要回数が増えます。

 苦しんでいる人の特徴

何人かとお話しをさせて頂いて、気付いた事があります。特に骨の歪みを気にする人に多い傾向なのですが、まるで建造物のように人体を捉えている印象を受けます。

人間は骨格があるものの、建造物ではなくて、生き物です。
回復力を正常な状態にし、養生の過程を経て快方へと向かうものなのですが、この説明に今ひとつピンとこない方が多い気がします。

自転車ですら可動部が錆び付けば動かないくらいで、生き物はもっとデリケートです。自転車と違って自己治癒力でメンテナンスしているのが人間です。

 授業で習う整体

学校の整体に関する授業で印象に残っているのが、「整体は関節が大切だ」
という事です。
また別の先生は。「人体骨格があるだろ。あれ、ネジやらゴムやらで留めてるからバラバラにならないだけで、本当に骨だけだったらバラバラになるよね。」
と言い回しは様々ですが、「骨の歪み骨盤の歪み」という言葉の表現が、なにやら一般の人に誤解を生んでいる気がします。

歪んでいるかどうかの判定

施術者には容易に判定できますが、患者さんには判りにくいのが歪みの判定です。

簡単なのが、左右、可動範囲を確認して差を比較して確認できます。
これも当院では、患者さんにやってもらって、納得してもらっています。

で、一番重要なのが、月単位での患者さんによる自己確認です。
これは、声掛けして意識してもらうようにしています。つまり、健康への関心、体感の関心を人任せにしてはいけません。

そこの治療が「本当に持続力のある治療なのか?」このことに注目して、自ら、段々と良くなっているのか、関心をもってください。
その日、その場の体感覚だけで一喜一憂するのだけは止めてください。それは意味がありません。

一喜一憂に適したテクニックは世の中にごまんとありますが、体質改善、健康増進には結びつきません。見極めてください。

車に乗った時、イスのすわり心地、あぐらをかいた時、靴下を履く時、骨盤の歪みを判定し易いです。
それが、何段階かアップして、もう以前のように悪くならないという感覚を自分自身でもご確認ください。

一番簡単な骨盤整体判定

どこかの骨盤整体に行ってから調子が悪いという患者さんが、よく来院します。
もし、治療後、調子が良いなら良いわけで、悪くなったのなら止めたらいいわけです。

力まかせな危険な治療でなければ、この判定が一番簡単確実です。
施術者に悪意はないので、実際に試す事が一番です。


閉め画像