FrontPage

当院のこだわり

簡単に言えば、私は人体のエネルギーを無駄なく発揮させる為の技術その過程を説明する技術があり、それを提供するサービスをしています。

病院、整体院、接骨院、マッサージ院、治療院色々ありますが・・

  • 結局、責任者は人間なので、その人の考え方で方向性は全然違います。
    • 贅沢な雰囲気造りにこだわっている治療院。
    • 痛み止めにこだわっている治療院。
    • リラックスできるようにアロマとかにこだわっている治療院。

病院、整体院、接骨院でも同じです。内容はみんな違うのです。

それは、はた目からは伺い知ることはできないでしょう。

肩関節周囲炎(五十肩)の患者さんからこんな質問をされました。

患者さん
「色々、病院や治療院に行きましたが、どうやって治療専門だと見分ければいいのですか?」

答えに困り、「一回来院されて色々と質問するしかないんじゃないですか?」と答えました。

現実的にそうだとは思いますが、私はできるだけ「こだわり」を発信していこうと思います。

症状別での大まかな違い

[check]病院で○○と診断された。

東洋医学の場合、病名は関係ありません。なぜなら、自然治癒力を発揮させる技術だからです。
さらに言えば、東洋医学は病名で判断して治療してはいけないので、できたら病名は伏せて貰えた方が、術者の先入観がなくなり治療結果は良くなります。

[check]ギックリ腰、寝違い、顎関節症、腱鞘炎等

このケースの場合、一回の治療ですぐに改善する事が多いです。

:>>治療を悩まれる方は、見極めポイントとして、なるべく安静にしていて自然治癒しないようならば治療をおすすめします。
一度治療をされた方は、安静にしていれば余程重度でない限り、順調に回復すると思います。

[check]慢性頭痛、五十肩、慢性腰痛等、疾患が複数あるケース

このケースの場合、個人差が大きいです。一回でよくなるのか、気長に治療が必要なのか、人によって違います。

>>
とりあえず、一度治療させてください。としか言えません。

例えば、ギックリ腰が癖になっていて、度々、ギックリ腰になってしまう体質を治すという目的と、今のギックリ腰だけを治すという目的では、同じギックリ腰でも、当然、治療回数が変わってきます。

[check]足が動かない、フラつきがひどくて日常生活に支障をきたす、耳が聞こえない等

これこそが経絡治療の真価が発揮される究極的なケースだと思います。
なぜなら、失われた機能、低下した機能を賦活させる治療だからです。

>>
「足が動かない」を例にとると筋トレをするという方法を真っ先に思い浮かべるでしょう。
でも、この場合の患者さんを思い返してみると、スポーツマンの小学生であったり、普通の若い主婦だったりします。
いわゆる廃用性症候群的な解釈とあきらかに違っています。

またこのようなケースにおいて、病院での診断は済ませていて、なんだか原因はさっぱり判らないという診断になっています。

結果ですが、

>>
小学生の子は、すぐに改善していき、ほぼ毎日治療をしてくれたので二週間くらいでもう足はすっかり良くなりました。
>>
主婦の方は、ほぼ毎日、一年くらい通ってすっかり良くなりました。この方はそれからも年に何回か、なんとなく調子が悪いと来院して頂けるので、それ以後、足が悪くなっていないことが確認できます。

上記のケースから考察  身体機能の価値は?

[check]あなたの身体機能の価値は?
車を購入する際、グレードがあります。
ノーマルが100万円の車にフルグレードでさらに+100万円
で200万円の場合。100万円機能をアップさせたといったら解りやすいと思います。

もっとも人間の場合は、低下した機能を元に戻すわけですからもっと深刻です。

車に例えるのは不謹慎な例かもしれませんが、人間生きている上で避けて通れないケースなので、機能低下するという事実は受け止めなければいけませんし、この機能低下を大くの場合において病気や病名で線引することはできないののも事実です。

例えば腰が悪いと本人が思ってるケースであっても、ほとんどの場合はそれを科学的に証明することはできないのです。
この場合は腰の機能低下といえるでしょう。

私は、患者さんから「耳が片方聞こえない」「足が動かせない」と言われた場合。この患者さんにとって自身の機能の価値はいか程なのだろうとまず、この点に注目しています。
あえて、次回の予約を強要しないことで、その答えを患者さん自身に問います。

基本的に回数を重ねれば重ねる程、身体の機能が発揮されていくので、治療回数の分だけ身体の機能が良くなります。

>>
治療回数✖一回の治療効果=が患者さんの身体の機能に対する価値
という公式で答えを知ることができるのです。

身体機能を発揮するから人生は進んでいける

[check]私が、私自身や家族にこれまで治療した回数は何万回になります。

>>
自分はもちろん、親や嫁、嫁の親、子供に健康でいてくれないと困るからです。

西洋医学が蘭学として日本に入ってきたのは、江戸時代の話しになりますが、我々人類はそれよりずっと以前から、西洋医学とは全然別方向の技術、人の機能の低下問題を深刻にとらえ、それに抗う為の技術について研究し、実践してきました。

そんな研究のベストセラータイトルに「十四経発揮」という書物があります。この書物は、どこの国のどの作者がいつ書いたという事もはっきりしています。江戸時代よりずっと古い書物です。

これからも「十四経発揮」は、経を通じて身体の機能を発揮させる方法を伝えてくれることでしょう。

うちの子供が風邪をひくと「鍼してくれ」と頼みにきます。先日、2歳の子と4歳の子に頼まれました。鍼を打つ→「熱がでる」「よく寝る」→「すっかり良くなる」そして元気に保育園に行きます。
こういう時、私は「経が発揮されているなぁ」と思います。

初診料無料に一回3000円の治療です。

一回一万円やどんなに高名な手技整体院より、同じ一回の治療で、そこより高い治療効果を出せる自信が私にはあります。

よかったらそこと比較して頂きたいです。

「行列ができる整体院でも治らない」という人を今までたくさん治療結果で驚かせてきました。

「他のマッサージ、整体で余計に悪化した」という人も、よく来院されるので、良くして帰しています。

二回治療したら6000円ですが、相乗効果で一回の倍どころか倍以上の効果が出せるから、なるべく安価にしています。

割り引き、クーポン、宣伝、店内のインテリアにこだわっていないからこそ、安価な治療が実現できるのです。

持続力を出すには

経絡治療とは、人体のパフォーマンスの向上をするための施術です。単純に病気の治療をしているわけではないのです。

ですから、次回の予約は患者さんに、「また治療が必要な場合、お電話してください」とお願いすることがほとんどです。

元々がそれなりに健康な人は、その場での即効性も持続力も充分あるため、様子を見ながらのメンテナンスで充分なのです。

具体的には、

  • 「半年に一回や数ヶ月に一回の治療で、腰痛がないから」と言って来院される方
  • 「もうあれから腱鞘炎ないよ」と、久しぶりに来院される方で「今は、特に悪いところはないんだけれど」と来院される方がほとんどです。

こういう方は、

  • 自分ではパフォーマンスの低下を自覚できないものだ。
  • メンテナンスを怠ると支障が出てしまう。

ということを充分にご理解されている方です。
大変、嬉しく思います。

重いケースは治療回数が必要です。

症状があまりに重い方だと、一回目の治療は特に治療効果の持続力があまりありません。

こういう方は治療回数がそれなりに必要になってきます。

一回目の治療より、二回目の治療の方が、相乗効果で治療効果の持続力も即効性もよく出ます。

症状が重いのに、治療間隔を空けると、治療効果が追いつかないかもしれません。

単純に治療回数に比例して治療効果が上がります。

そこで当院では安価にこだわります。

鍼灸、経絡治療は国家資格なだけに、難病なども治せる国宝クラスの治療家の大先生がみえます。

藍綬褒章などの国から賞を頂くような大先生達の資料、実際にお聞きした情報から私が思う事は、難病だと毎日治療するくらい治療が必要になるし、どんなに技術があっても10回かかる腰痛は10回かかる。という事です。

つまり、どんな○○も一回で治せるというのは東洋医学の治療ではあり得ないと思います。

もし、それがあったらそれはもう人体の生理的な能力の範疇ではないのでファンタジーですね。

オーダーメイドつまり、根本治療にこだわっています。

痛みだけ鎮痛してもすぐに元に戻ります。

一律に痛む患部にハリして電気でも流せば、一時的にとはいえ痛みはとれます。

それは他所にお任せます。

当院は根本治療にこだわります。

根本原因は人によって違うので、段々良くしようと思えば、当然、オーダーメイドの治療になります。

風邪をひいても安静にして寝ていれば治ります。

指を切っても絆創膏を貼っていれば治ります。

しかし、勝手に治るのではありません。

あなたの体に備わっている自然治癒力が治しているのです。

体がゆがみ自然治癒力が働きにくくなると体に症状が現れてきます。

人間の要は経絡にあります。これが自然治癒力と密接に関わっています。

当院の経絡治療は治すのではなく治る体に戻す事が当院の一番のこだわりです。

ひとり、ひとり、オーダーメイドの治療にこだわっています。


オーダーメイド画像

使う経穴も刺激量も人によって、その日によって違います。

あなたにぴったりの治療をします。

またその日、その時の状態に応じた説明をします。

患者さん自身の身体を通して、患者さんも段々、鍼灸整体の事に詳しくなっていきます。


慣れてくると、足に刺した鍼で、首が楽になっても驚かなくなってきます。

一回目は皆さん驚かれますが、そういう治療法が日本では確立されているのです。

鍼灸道具に対するこだわり

  • ハリに対するこだわり

    ハリの画像

当院はセイリン製のディスポ鍼を使用しております。

日本製で安心のブランドです。

「使い捨て鍼は安全のためには、欠かせられません。」





  • お灸は治療用のお灸(透熱灸)です。
    ハリの画像
  • ヤケド防止に灸点紙を使用しております。

     
    お灸画像

  • 灸師なら誰でも知っている基礎知識
  • 心地よい熱感用(リラクゼーション)の温灸
  • 治療用のお灸の透熱灸

この二つにお灸は大別されます。


当院は治療用のもぐさを使用します。

  • 治療用を(良質もぐさ)
  • 温灸用は(粗悪もぐさ)

といいますが、これは、どちらがいいとかではなく、使う目的が違うのです。

  • フェイスペーパー、シャーレ(ハリ皿)までも使い捨てです。

    フェイスペーパー画像




    当院は使い捨てにもこだわっています。

閉め画像