サイトマップ

岐阜県羽島市 鍼灸整体で神経痛の治療

岐阜県羽島市 鍼灸整体で神経痛。岐阜市、羽島市、大垣市、一宮市、木曽川町、柳津、笠松、安八、瑞穂市、の方に鍼灸、整体をおすすめします。

坐骨神経痛

腰椎ヘルニア等の腰痛と併発する事が多く、太ももの後ろが痛む神経痛です。
この坐骨神経というのは、太ももの神経の太い枝の名称です。

東洋医学だとその場所だからなんだということはありません。全体の治癒力を引き出して問題を解決するだけです。
腰が悪いと併発しやすい神経痛です。といっても腰が悪い人が多いので、やはり特別どうということはないのです。

経絡治療だとしつこい坐骨神経痛も一回で治るケースも少なくないです。
一度試してはいかかがですか?

腰が悪いと併発しやすいというのは、腰の機能が悪いと結果的に、坐骨神経痛になるという傾向があるわけですから、痛みよりまず、腰の機能を回復させることに着目してほしいです。

というのも腰は痛みで自覚するより・・・

  • 疲れやすい
  • 冷え性
  • 動作制限(左右差あり)

といった気付きにくい事で段々と悪くなっているケースが多く、そのため、温めたり、電気したり、マッサージした程度では解決しにくいのです。それらの行為で腰の機能が回復している自覚があるならばよいのですが、それは難しいでしょう。

是非、当院でこの問題を解決しにきてください。

普段は、脚は冷やさないように気をつけてください。

肋間神経痛

この神経痛は胸が痛みます。

胸の痛みが狭心症かどうかの違いは病院で診てもらってください。

以前、病院に勤めていた時、一人だけ治療した事があります。坐骨神経痛と違い、あまりきかないので珍しいのかもしれません。

何年も電気等の治療では効果がなかったそうで、経絡治療、数回の治療で完治しました。

当時は、病院勤めなので鍼のみでした。

お灸は使えなかったので、お灸も使えたら、一回で完治させられた自信があります。(病名が重要ではなく、患者さんの状態次第です)

その患者さんが一ケ月経って、わざわざ「もう痛まないよ」って報告に来てくれたのが嬉しくて、すごく記憶に残っています。

それと、別の患者さんで心カテーテルしても、なにも異常なくて肋間神経痛と診断されていた患者さんがいました。

心臓が掴まれたようにギューと痛むとのことで、当時、僕も同じ症状があり、自分自身、肋間神経痛だと思いこんでいたけど、どうやら肋間神経痛はギューとはならないみたいです。

とはいえ、心カテーテルはしたくないし、10年くらい前の事で、今は既に、ほとんどないので、いまさらです。

症状が出たら自分に経絡治療してました。こういうのを体質改善といいます。

三叉神経痛

私自身が帯状疱疹の時、一度この神経痛になりました。
帯状疱疹で併発しやすいです。

私の場合、まず、三叉神経痛が先にきて、プッツと赤い小さい発疹が一つ胸にできて、痛痒い。

帯状疱疹かな?と思ったけど、帯状疱疹になった事はなく、教科書の知識での素人判断は危険だと思い。当時の勤め先のドクターに診断してもらいました。

とはいえ、「痛痒い発疹ができたんですよ。」と説明したら沈黙が流れ、その沈黙に耐え切れずに「帯状疱疹のような気がする」といったら、そのドクターが」いきなり指を指して「それ!帯状疱疹」といって、帯状疱疹の薬をくれました。

結果、その後、ブツブツが胸半分できて、見事に帯状疱疹でしたが、なにやら、はめられた気がしました。

神経痛の後遺症が残る事もあるとの事で、それでなのか疲れると歯が痛むことがあります。

虫歯は歯医者さんに治してもらいますが、疲れによる顔面の異常は自分で鍼灸して治しています。もちろん、
顔面に鍼はしません。する必要もありません。
神経痛