FrontPage

症状別対応

ざっくりとした症状別に対しての解説です。

急性症状は安静とアイシングです。

ぎっくり腰や交通事故、患部が熱を持った場合は冷やした方がいいです。

当院は急性症状でも慢性症状でもどちらにも対応ができます。

よく、ぎっくり腰で、マッサージ院や整体に行って余計に痛みが酷くなるケースがあります。
これを確実に回避するには、安静が一番です。

しかし、もし酷くなった場合は当院にきてください。
当院は患部に触らず、治癒力を引き出す治療なので、リスクはありません。

また、どうしても早くよくしたい方も通院されると早く楽によくなります。

骨折、ヘルニアとか心配な場合は?

症状に対して正体が解らない、激痛、心配だといった場合は病院に行きましょう。

検査をしないことには正確な事は解らないものなのです。

病院で検査をしてもはっきりしない。良くならない場合は?

そういった方は当院での鍼灸整体がお勧めです。

是非、ご来院ください。

東洋医学は病院の治療とはアプローチが違います。
痛くもありませんし、リスクもありません。一度、診せてください。

病院の治療もしているけれど、鍼灸整体は併用していいの?

当院の治療はお身体の負担なく、自然治癒力を引き出す治療です。

身体にかかる負担が少ないので、薬との併用、施術後、お風呂などを控えるといった、制約はありません。

気にせず併用してください。

また、血液検査も結果がよくなる事もあり、病院の通院との併用は
理想的だと思います。

運動、姿勢矯正

症状が悪い時は止めた方がいいです。
楽な姿勢をとってください。

それより、食事や早寝早起きの規則正しい生活の方があらゆる病に効果アリです。 

腰痛、肩こりうつ病、メニエル、難病でも例外ではありません。それが健康という一番の財産に対する考え方です。

閉め画像