サイトマップ

岐阜県羽島市 鍼灸整体で、うつ病治療

岐阜県羽島市 鍼灸整体で、うつ病。岐阜市、羽島市、大垣市、一宮市、木曽川町、柳津、笠松、安八、瑞穂市、の方に鍼灸、整体をおすすめします。

うつの患者さん、多いです。

来院される患者さんで、うつ病の患者さんが多いです。

例えば、一度治療した患者さんが一月後にまたみえて、「今まで、気分が滅入って仕方なかったのが、あれからないです。」とか、最初、聞いていた病名や症状とは違うけど、「あれから無いよ」って後から教えてもらうケースが多いです。

正式に病名が付いて、病院で治療中でという方も結構多いですが、そうなる前に(酷くなる前に)治療できたら一番、いいです。
悪くなる前に良くするのが一番効率が良く、それが東洋医学の持ち味です。

私自身、うつ病みたいなもんだったから、経絡治療習得して自分で治した経験もあり、この辛さはよく解ります。

注意しないといけないのは、躁と鬱を繰り返す、躁鬱の患者さんで、授業でも習ったのですが、実際の先輩の話しでも、このケースの患者さんの治療は我々では難しいとのことです。

まだ、私自身、この躁鬱の患者さんの治療経験は無いのですが、こういったケースに該当する方の治療は、責任が持てないのでお断りしようと思っています。

それ以外の「気力が湧かない」、「何故か気が滅入る」という患者さんは本当にすごく良くなるので、来院をお勧めします。

うつ病に効果的な食べ物、運動、心の持ちよう、クスリ以外の分野である「皮膚への最適な刺激」を提供するのに私は自信があります。

誰しも「皮膚への最適な刺激」を生まれて一度もしていないので、数回治療するだけでもかなり回復するのです。

危険な副作用がない

鍼灸整体の場合、マイナスな副作用はありません。

ついでに肩こりが治ったり、花粉症がよくなったりはしますが、副作用で痩せる事は、あっても、太ることはありません。

体質改善という概念が理解できれば、当たり前のことですが、新陳代謝を上げるといっても同様の意味です。

自己診断でも

経絡治療の場合、それが、自律神経失調症でも、うつ病でも、パニック障害でも、治療法は変わりません。正確には病名は何でも関係なく症を立てて治療します。クスリを出すわけではないので、危険はないのです。

緊急を要するくらい酷いようなら・・

二週間、詰めて治療すれば、全然、違ってきます。

だいたい、一度か二度で、治療効果は実感できますが、とことん改善する必要があれば、治療回数に比例してよくなります。

回復のプロセスというものがありますが、短期間ですぐに良くするのが一番効率がいいです。

そもそも、うつ病とは?

うつ病は、気持ちが「うつ」になるだけではありません。気持ちも、頭も、体も、全身の調子が悪くなる病気です。

身体のエネルギーがひどく低下し、体全体が疲れきった状態です。

普通の疲れであれば、一晩熟睡したり、週末しっかり休息を取れば、回復します。回復しないから治療するのです。

うつ病に限らずですが、仕事が忙しかったり、心のストレスが大きかったり、不眠になったり、食欲がなくなったり、いろいろな理由から、うまく疲労が回復できなくなります。

心や体の疲労が徐々に、蓄積していって、ついに自然回復ができなくなると、なかなか自己解決しません。

うつ病は、「怠け」ではなく、きちんとした病気なのです。

当院の治療で改善していくもの

[check]物忘れが多くなった。

[check]集中力が続かない。

[check]判断力が落ちた。

[check]仕事でミスが多くなった。

[check]朝から元気がない。

[check]仕事に行きたくない。

[check]いろいろな事がおっくうだ。

[check]気持ちが落ち込む。

[check]マイナス思考になってしまう。

[check]いつも不安やいらいらがあって、気持ちが落ち着かない。

[check]体がだるい。

[check]体に力が入らない。

[check]頭痛がひどい。動悸がしたり、息苦しくなったり、冷や汗をかいたりする。

[check]心配になって、内科や、脳外科、耳鼻科を受診して、検査をしたが、異常無しと言われた。

系統別ですが、こちらも治療していけばよくなるもの

[check]めまいがしたり、ふわふわとして、しっかり歩けない。

[check]眠れない。特に、夜中に何度も目が覚める。朝早く目が覚めて、その後ぐっすり眠れない。

こちらの系統の患者さんは、目に異常がある場合が多いです。

治療が不得意というわけではなく、別の区分です。詳しくは治療しながらご説明させていただきますが、併発しているケースが多いです。

悪循環を断ち切りましょう。

こういう状態ですと、自分の本来の能力が発揮できなくなっていきます。

本来の自分ではなくなると、物事がうまく行かなくなって、ますますストレスが大きくなります。

負のスパイラル、悪循環となり、ストレスがどんどん大きくなります。自分がいつもの自分でいられなくなって、何事もうまく行かなくなり、頭も働かず、気持ちも不安定になり、体調もおかしくなり、どうしたらよいか分からなくなります。

そういった事が少しの治療で改善され、短期間に詰めて治療さえすれば、すぐに良くなるのです。

そして、一度目の治療で大体の事が判ります。

東洋医学の特徴は「随証療法」という治療で、その個人に対し、証を立てる馴染みの無い人には、よくわからない用語ですが、要は、オーダーメイドでの治療ですので、一度診させてください。

閉め